【空堀】街山荘

路地の中に突然あらわれる山小屋風デザイン。

f:id:piyokoworks:20190220123344j:plain

「JAZZ shot BAR 街山荘」

マスターではなく、よしおちゃんと呼ばなければならない!

ただし、語り出すと止まらない。

f:id:piyokoworks:20190220123548j:plain

f:id:piyokoworks:20190220123533j:plain

お店に入ると、コンクリートの壁面だったであろうビルの部屋にログハウスのインテリア。もともと、ログハウスを作るプロだったそう。

長野県で日本一大きなログハウスの宿を作ったが焼失してしまい、関西でもしばらくログハウス宿をされていたそうだが、人間関係が嫌になり、都会へやってきたとのこと。

f:id:piyokoworks:20190220123620j:plain

親世代なら懐かしいと思うようなインテリア。

 

バーなのでお酒の種類は多種多様。

つまみにタンドリーチキンがメインのディナーセットをいただく。

 

f:id:piyokoworks:20190220123639j:plain

濃厚な味がお酒の進む一皿(単品もあり)

 

色々ネタのたくさんあるよしおちゃんに会いたい人はぜひどうぞ。

 

■気まぐれお店情報

街山荘→

大阪市中央区瓦屋町1-2-11-101(パブデッシャロ横の路地を入る)

【教室】カカオから作るチョコレート

チョコレートは好きな人は多い
でも
チョコレートってどうやってできているか知らない人も多い

和歌山で自給的な暮らしをしながらカフェやものづくりをしている「道草屋」さんが、かつてメキシコで暮らしていた頃、身近にあったカカオ。偶然まちのおじさんたちが作っているチョコレート作りを目にしたところからチョコレートを作るようになったそう。カフェなどで出しているガトーショコラもカカオから作ったもの。

f:id:piyokoworks:20190124133645j:plain


カカオは、最近ではインターネットで簡単に購入できるようになっているそう。
今回はベトナムのカカオでつくるチョコレート。

 

まずカカオを焙煎する(炒る)ところから

f:id:piyokoworks:20190124133547j:plain
焙煎することで、表面の皮をむきやすくする
(ここで焙煎せずに皮をむいて作ったチョコレートはローチョコレートとなる)

内職的にせっせと皮をむく

f:id:piyokoworks:20190124133626j:plain

カカオの皮もこの皮だけでハーブティーのように飲むこともできるそう(ほんのりチョコレートの香りがしておいしいそう)


皮をむいたカカオの実をすりつぶす。
ここではトルティーヤを作るための粉ひき道具を使ってゴリゴリとすりつぶす(この道具はメキシコの市場で売っている)とカカオの油分で粉状にはならず、ペースト状にできあがってくる

f:id:piyokoworks:20190124133705j:plain f:id:piyokoworks:20190124133720j:plain

 

このペーストを鍋に移し、弱火にかける
絶えず混ぜておかないと焦げるので要注意

f:id:piyokoworks:20190124133746j:plain

すこしとろみがついたところで砂糖を加える
今回は溶けやすい粉糖を使っていた
砂糖を入れると油分がなくなるので、ココアバターを追加して油分を補う

 

好みの甘さになったらそれぞれのシートに移して飾り付け。
私は基本的に塩チョコレート

f:id:piyokoworks:20190124133809j:plain

 

【今里】食堂Ribbit

今里にあるごはん屋さん「食堂Ribbit」へ

f:id:piyokoworks:20190111124520j:plain

 

「Ribbit(りびっと)」は蛙の鳴き声

お店の中にも外にもカエルがお出迎え

 

ごはんとおみそ汁に合わせ、メイン(2種類またはハーフアンドハーフ)とおかずを選ぶ定食のお店。

おかずはポテトサラダ、人参マリネ、などミニサイズ。基本は1品か2品(メインにより異なる)だけど、追加料金でおかずを増やしたり、たまご焼きなどメインの数を増やすことも可能。

 

f:id:piyokoworks:20190111124837j:plain

野菜のすみずみまで、使われていて、じんわりおいしい。

おみそ汁はかな~り薄味で、野菜出汁がきいている。

 

少しの手間を惜しまず、作られていて、

野菜は全て有機か自然農法の野菜、なのに、とてもリーズナブル。

 

 

○気まぐれお店情報

食堂Ribbit

大阪市東成区大今里西3-3-20
月~土 11:00〜15:00 (日祝休)

今後はランチ営業が中心になるそうなので、ご注意を。

HP→

 

【奈良】奈良のお雑煮

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

年明け早々、奈良へと。

ならまちの人気古民家カフェ「カナカナ」の姉妹店、「ボリクコーヒー」へ

f:id:piyokoworks:20190107143508j:plain

カナカナ&ボリクコーヒーは、1日中定食を食べれるのがありがたい。

1月の汁定食は「奈良のお雑煮」

f:id:piyokoworks:20190107144056j:plain

ボリクさんのお汁はたっぷりなのが嬉しい。

おかずは黒豆、ごまめ、なます。おせち料理もこんなんでよくない?

この汁定食はドリンク(コーヒーまたは紅茶)付で1,100円

※お雑煮に限り?おもちは1個か2個いずれか選べる

 

メインに来るのは、具沢山の白みそ雑煮。

具は、大根、人参、小芋、豆腐、菜っ葉と丸もち。

そしてその横に甘いきな粉のお皿。

お店の方から「お雑煮の中のおもちを取りだしてきな粉をかけて食べてくださいね(つまり「きなこもち」にして食べるということ)」とのこと。

汁の中でちょっとトロッとしたおもちにきな粉を付けると通常のきなこもち(あべかわもち、かな)よりもトロトロしていておいしい。

 

白みそ雑煮は関西共通とはいえ、大阪・京都・奈良で微妙に違うらしい…同じ大阪出身の友人とお雑煮の話をしていると、友人は京都風、我が家は大阪風のようだ。

参考:お雑煮研究所 奈良 大阪 京都

 

■気まぐれお店情報

ボリクコーヒー

※年始はお店の閉店が変わっているのでHPやSNSをチェック!

 

【高槻】人気店のデリランチ

高槻の人気カフェ「ROCCA & FRIENDS」で友人とランチ

予約しなければ、いつ呼ばれるかわからないぐらいの人気。

(と言いながら意外と早く呼ばれた)

 

先払いキャッシュオンシステム。

ランチメニューは、サラダと焼き菓子のデリランチのみ。

オプションで紅茶やハーブティーなど

 

ランチは、インスタ映え~なカラフル野菜サラダが色々

奥にあるのが紅茶。面白い淹れ方だった。

f:id:piyokoworks:20181107145931j:plain

サラダは色々な味が合って楽しい

お腹一杯になるけれど消化の早い人には早く空腹になってしまうかも(苦笑)

焼き菓子はスコーンとブラウニー

 

スコーンは甘くないから野菜と一緒に食べることができる

あたたかくてほかほか

甘いものより甘くないものの方がおいしかった

f:id:piyokoworks:20181107145933j:plain

 

夜に友人のバースデーイブの女子会だったので、お土産にテイクアウトも

こちらもインスタ映え

f:id:piyokoworks:20181107145932j:plain

 

 

**きまぐれお店情報**

ROCCA&FRIENDS

www.rocca-f.com

【淡路島】おいしいジャム

そんなにジャム好きじゃないけど、本気でおいしいと思ったジャム!

 

淡路島のいちご農園とジャム屋さん「山田屋」さんのジャム

f:id:piyokoworks:20181107141421j:plain

瓶のデザインもすてき。

淡路島の野菜や果物を使ったジャムは絶品!

季節の頃にしか作られないので、いつも同じものがあるとは限らないところもすてきだなぁと思う。

試食させて頂いて「柿と青レモンのジャム」を購入

 

いちご畑やお店にも行ってみたい

awaji-yamadaya.com