【奈良】和菓子のお店

奈良に行ったときにいつも気になっていたけれど、なかなか入る機会がなかったこちらの「樫舎(かしや)」の喫茶へ

 

f:id:piyokoworks:20200221100558j:plain

ちょっと待たないといけなかったのは、イートインスペースが少ないから、ということが後からわかる。ショーケースに並ぶ生菓子や干菓子、せんべいなどテイクアウトも可能。

 

席に着くと抹茶茶碗にお茶(たっぷりでうれしい)と木の香りのするおしぼり。

f:id:piyokoworks:20200221100743j:plain

 

f:id:piyokoworks:20200221100730j:plain

飲み物は、コーヒーも気になったけれど(こだわっている感じだった)、やっぱり王道の抹茶を…

きんつばっぽいけれど、きんつばではない。やわらかくてふわふわしていて、感動的なお菓子だった。

お茶碗はすべて「赤膚焼(あかはだやき)」という奈良県の焼き物で、絵は「奈良絵」というものだそう。鹿や若草山など奈良にまつわる絵が素敵に描かれている。

 

友達と盛り上がって、この作家さんも探したりしていたけれど、夫からはあまり好みではないと言われる、という(笑)